基本理念・方針・職員行動目標

 

 【基本理念】 想いや願い、安心を大切にともに歩む

 

【基本方針】 利用者にとって最善の利益となる支援を実現する

 

【職員行動目標】

①利用者の基本的人権を守る

・年齢や性別を大切にした接し方、関わり方をします。

・心理的、身体的苦痛をあたえないように、お互いに注意し合います。

 

②利用者が自ら選択、決定したことを尊重し誠実に対応する

・分かりやすい方法で情報を提供し、活動や経験を通して自分で選択

する機会をつくります。

・ことばや文字での意思表示に限らず、表情や行動からも意思を読み

取るよう努めます。

 

③専門性を高めるため、常に自己研鑽に努める

・一般的な知識や日々の経験だけでなく「本を読む」「研修に参加する」

など、職員一人ひとりが根拠をもった支援ができるようにします。

・「難しい」ということばを使わず、「解決する」姿勢をもち支援できる

ように努めます。

 

 

 【ほっこりステーションのこれまで】

 2015年4月 京都府舞鶴市小倉300番地71

定員20名の小規模多機能型施設(生活介護10名、就労継続B型10)開設

 

同年12月 舞鶴市行永392-6

ほっこりステーションの就労継続B型作業場として『えんがわ工房』開設

 現在 生活介護8名  就労継続B型12名が利用

 

『ほっこり』できて、ふらっと誰でも立ち寄れる場所。

ここにとどまることもできるし

ここからまた次の場所へ行くこともできる。

 そんな場所にしたいという想いを込めて

『ほっこりステーション』と付けました。

 

どうぞいつでも、ひょっこりお立ち寄りください。